Instagram Twitter Facebook Youtube

2022.4.22-24(FRI-SUN)/7.1-3(FRI-SUN)/9.10-11(SAT-SUN) 2022.4.22-24(FRI-SUN)/7.1-3(FRI-SUN)/9.10-11(SAT-SUN)

青き新時代、変革の鼓動 青き新時代、変革の鼓動

輝かしいライオンズの歴史を紐解き、その栄光の足跡を今に伝える『ライオンズ・クラシック』。時代を駆け抜けた伝説のユニフォームが復活する。
2022年シーズンに蘇るのは、東尾修監督時代1996年~2001年使用のビジターユニフォーム。デザインの選定を日本球界初のファン投票で行ったユニフォームである。黄金時代のスター選手たちに代わり、ライオンズには新たな若い力が台頭する。投手は西口文也がエースを引き継ぎ、野手は松井稼頭央を中心に結束。高木大成らルーキーも躍動した。
1997年からは「Hit! Foot! Get!」のチームスローガンの下、2度のリーグ優勝を含むオールAクラスの成績を残した。
1999年、21世紀目前のこの年、“平成の怪物”松坂大輔が入団。プロ初登板、初先発で初勝利の鮮烈なデビュー戦を飾った怪物が着用したユニフォームとしても思い出深い。
21世紀へのジャンプ台だった時代のユニフォーム。令和のライオンズナインが受け継ぎ、新たな地平を切り拓く。

ライオンズ・クラシック2022
GOODS GOODS

「ライオンズ・クラシック 2022」
ユニフォーム型ピンバッチ販売!

ユニフォーム型ピンバッチ

SEIBUの白いブロック体とラケットラインが特徴のユニフォームの正面をピンバッチで再現。
レアピンバッチには今井投手、高橋投手、平良投手、森選手、源田選手のサインデザインに加えて、背番号なしデザイン、ロゴデザインのピンバッチがございます。
お気に入りの選手GET、またはコンプリートを目指して、今シーズン限定の貴重なピンバッチをぜひ手に入れてください!