ニュース
  • Home >
  • ニュース >
  • 誠が好投!木村が決勝打!! 10/7 フェニックス・リーグ vs福岡ソフトバンク
戻る
ファームニュース 2014年10月8日配信

誠が好投!木村が決勝打!! 10/7 フェニックス・リーグ vs福岡ソフトバンク




mixiチェック

この日から秋季教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ2014」がスタート。その初戦となるホークス戦は、若手を中心としたオーダーで挑みました。

今季1軍でプロ初登板初先発を果たすなど貴重な経験を積んだ誠が先発。初回に2安打を許すも無失点に抑えましたが、2回裏に安田に先制のソロ本塁打を許します。続く3回裏には塚田に犠飛を打たれ、序盤から2点をリードされます。

一方の打線は相手先発・笠原の前になかなか好機をつくれずにいましたが、0対2で迎えた5回表に反撃に打って出ます。7番・永江の二塁打、9番・田代の安打などで1死満塁の好機を演出。すると1番・金子侑が左前適時打を放ち、まず1点を返します。続く2番・木村にはセンターへの2点適時二塁打が生まれ、この回3点を奪い逆転に成功。野手へ転向後、今季は10本塁打を記録するなど才能を開花させつつある木村が、期待にたがわぬ活躍を見せます。

援護をもらった誠は相手の反撃を抑え、6回を投げて102球、被安打7、奪三振2、失点2という内容で降板。毎回走者を出しましたが、要所を締めて先発としての役割を果たしました。

誠からバトンを受けた2番手・小石は、7回をこの日初めての3者凡退とすると、8回は得点圏に同点の走者を置いたものの後続を退け、1点のリードを死守します。

すると打線が9回表に再び仕掛けます。2死ながら塁上をすべて埋めると、途中出場の熊代がレフトへ2点適時打を放ち、リード拡大。ダメ押しして5対2とします。

9回裏は3番手・平野が無失点に締め、5対2で勝利。木村が2本の二塁打と2打点を記録すると、その木村に代わり途中から出場した熊代も1安打2打点としました。外野の定位置を争う2人の切磋琢磨に、今後も期待がかかります!

誠投手・選手名鑑

木村選手・選手名鑑

2014/10/7(火) 福岡ソフトバンク戦南郷 (12:30)

team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
埼玉西武 0 0 0 0 3 0 0 0 2 5
福岡ソフトバンク 0 1 1 0 0 0 0 0 0 2

スターティングメンバー

埼玉西武
1 金子侑
2 木村
3 坂田
4 山川
5 梅田
6 駒月
7 永江
8 中田
9 田代
福岡ソフトバンク
1 牧原
2 高田
3 塚田
4 江川
5 李杜軒
6 猪本
7 山下
8 安田
9 宮崎
笠原

バッテリー

埼玉西武

誠-小石-平野=中田、藤澤

本塁打

埼玉西武

なし

次世代を担う若手選手に注目した、コラム『〜若獅子の眼光〜 Next Generation』はライオンズ公式スマートフォンサイト・モバイルサイトにて好評配信中!
ぜひご覧ください。

フェニックス・リーグ 試合日程へ

ライオンズ フェスティバルズ 2016

西武ホールディングス
ファンクラブマイページログイン
Majestic
西武・そごう
株式会社ベルーナ スポナビライブ セブン-イレブン イトーヨーカ堂 JCOM 球団公式写真販売サービスサイト「ライオンズ・ファンフォトサイト」 ABCハウジング 西武文理大学 SEIBU PRINCE CLUB 埼玉西武ライオンズオフィシャルフォト 東日本大震災復興支援特設サイト「がんばろう!日本」 POWER OF BASEBALL プライドリームス埼玉 西武ライオンズ 西武グループ こども応援プロジェクト 西武プリンスドーム パ・リーグ6球団公式ライブ配信サービス パ・リーグウォーク ライオンズ公式twitter 採用情報