2017/01/06(金)地域活動レポート

選手・コーチがさまざまなイベントに参加!12月地域活動レポート

埼玉西武ライオンズでは、より多くの皆さまに愛される球団を目指すべく、ファン、選手会、球団が一体となって、野球界や地域を盛り上げていく活動を積極的に実施しています。
12月は、選手、コーチ、OBがさまざまな地域イベントに参加し、球場とは違うオフシーズンならではの表情も多く見受けられました。
新たな自治体がフレンドリーシティに加わり、今後のライオンズの地域活動からも目が離せません!

新たに2市がライオンズフレンドリーシティに!

埼玉西武ライオンズは、新たに、蕨市、戸田市と連携協力に関する基本協定を締結いたしました。
この協定はそれぞれの持つ資源を活かし、協働してさまざまな事業に取り組むことを通じて、地域社会の発展、住民福祉の向上に寄与することを目的としています。
「スポーツ振興に関すること」、「青少年の健全育成に関すること」、「地域振興に関すること」を大きな柱とし、「ライオンズ」のコンテンツを活かし、協働事業を実施してまいります。

蕨市・戸田市が新たなフレンドリーシティに!「連携協力に関する基本協定」を締結

第27回所沢シティマラソン大会

12月11日()に西武プリンスドームを発着点として開催された「第27回所沢シティマラソン大会」に2016年度入団の多和田真三郎投手、川越誠司投手、南川忠亮投手、國場翼投手、藤田航生投手がゲストランナーとして参加!
オープン・ファミリーの部に出場し、一般市民ランナーの皆さまとともに狭山丘陵を駆け抜け、こどもたちやファンの皆さまとたくさん触れ合うことができました。
当日の模様は動画でもご覧いただけます! オフシーズンの選手の活躍をお楽しみください。

当日の動画はこちら

コカ・コーライーストジャパンプレゼンツ プライドリームス埼玉トークフェスティバル2016

12月8日(火)浦和コミュニティセンター多目的ホールにてプライドリームス埼玉(浦和レッズ、浦和レッズレディース、大崎電気ハンドボール部、大宮アルディージャ、埼玉西武ライオンズ、埼玉ブロンコス、ちふれASエルフェン埼玉、上尾メディックス、戸田中央総合病院メディックス)がトークショーイベントを開催。
ナビゲーターは、TBSアナウンサー土井敏之氏が務め、第1部スタッフ部門に地元 埼玉県出身の土肥義弘一軍投手コーチが出演し、今シーズンを振り返りながら現場視点でのトークを展開。
第2部現役選手部門には、同じく埼玉県出身の佐野泰雄投手が出演し、マウンド上で見せる強気な投球とは違い、他チーム選手と絡みながらのトークに会場を訪れた皆さまから笑いを誘う一面も!
それぞれの競技の楽しみを伝え、また本会の活動を知っていただけるイベントとなりました。

所沢警察署一日署長

12月15日(木)「年末年始特別警戒取締り」キャンペーンに伴い、田代将太郎選手が所沢警察署一日署長に委嘱されました。プロぺ通りをすずらん幼稚園の鼓笛隊と一緒にパレードし、所沢駅西口駅前では啓発アイテムの配布を行い、地域やファンの皆さまへ防犯の意識・浸透を呼びかけました。
田代選手は、「私も安全運転を心掛けます。年末年始の慌ただしい時期ですがくれぐれも事故には気をつけていきましょう」と挨拶を行いました。
地域の皆さまも安全・安心に暮らしていく環境を目指していきましょう。

「ライオンズ ベースボールクリニック&コーチングクリニック」

12月10日()三芳町にてベースボールクリニック、12月17日()小平市にてベースボールクリニックとコーチングクリニックを開催。ライオンズアカデミー 石井丈裕コーチ、高山久コーチが講師として参加しました。
小平市のクリニックではグラウンド不良のためできるメニューが限られてしまいましたが、それぞれのクリニックでプロ野球OBから少しでも多くのことを吸収しようと全力で取り組む姿が見られました。
指導者向けのクリニックでは、「指導する中でこどもたちに必要なことは何なのか」などたくさんの質問が行われ、積極的に意見交換が行われました。

実施日 訪問場所 参加人数
12月10日( 三芳町野球教室(※) 61名
12月17日( 小平市野球教室

100名
指導者講習会:34名

  • ※三芳町での野球教室は、「連携協力に関する基本協定」協働事業として実施いたしました。

「リアル野球盤で健康長寿!」プロジェクト

「リアル野球盤」というレクリエーションゲームを通じて、地域の高齢者の皆さまと交流を図る「リアル野球盤で健康長寿!」プロジェクト。シニア層が抱える運動不足やコミュニケーション不足の解消に寄与する活動として施設を訪問しています。
今回の訪問では車椅子利用者の方もいらっしゃる中ホームランも飛び出し、会場は熱気に包まれ、参加者・職員の方の笑顔があふれる開催となりました。

実施日 訪問場所 参加人数
12月7日(水) 新所沢清和病院 40名

埼玉県教育局「夢と豊かな心をはぐくむ講演会事業」

埼玉西武ライオンズでは、青少年への健全育成に寄与する活動の一環として、埼玉県教育委員会が主催する「夢と豊かな心をはぐくむ講演会事業」と連携し、「夢を叶えるために大切なこと」をテーマに、学校訪問を実施しております。12月は小・中学校を訪問し、それぞれの講師が生徒との交流を楽しみました。
鷹野小学校ではOBの松沼博久氏が、「何才になっても夢をあきらめないこと」「何事にも全力で取り組む姿勢が大事」と、こどもたちに自身の体験談を交えながら講義を行いました。
秩父市立吉田小学校ではなかなか話す機会のないプロ野球OBとの交流に、こどもたちは多くのことを吸収しようと意欲的に参加している姿が印象的でした。三郷市立瑞穂中学校では、講演のあと、野球部、女子ソフトボール部代表とキャッチボールなど野球交流を行い楽しい触れ合いの時間を過ごしました。

実施日 訪問場所 参加人数
12月2日(金) 三郷市立鷹野小学校 55名
12月16日(金) 秩父市立吉田小学校 44名
12月20日(火) 三郷市立瑞穂中学校 321名

埼玉西武ライオンズ 彩の国後援会 野球教室

12月3日()、さいたま市営大宮球場にて、豊田拓矢投手、岡田雅利選手、鬼崎裕司選手、戸川大輔選手が講師となり「第4回 埼玉西武ライオンズ 彩の国後援会 野球教室」を開催!市内少年野球チームに所属する90名の児童を対象に、走塁・守備・打撃と基本技術を中心に分かりやすく指導しました。
児童たちは、最初は目の前にいる現役の選手に少し緊張気味でしたが、少しでも多く学び、吸収しようという姿勢がとても印象的でした。
最後にチーム毎による記念撮影や選手のサイン入りグッズ争奪じゃんけん大会を実施。参加者にとって充実した野球教室となりました。

第30回川越市健康まつり

12月11日() 、ウェスタ川越で開催された第30回川越市健康まつりの開会式にブルーレジェンズが出演し、ダンスパフォーマンスを披露!
西武プリンスドームでのイニング間パフォーマンスでおなじみの「コットンアイジョー」のパフォーマンスでは、寒い中、会場にいらっしゃった多くの方が一緒に踊ってくださり、大いに盛り上がりました! 川越市のマスコットキャラクター「福っくらちゃん」「ときも」も一緒にダンスしてくれました!

  • ※本イベントは川越市との連携協力に関する基本協定の協働事業として実施しました。

クリスマス献血キャンペーン2016

12月23日(金・祝)、JR大宮駅西口コンコースにて実施された「クリスマス献血キャンペーン2016」(埼玉県赤十字血液センター主催)に多和田真三郎投手と外崎修汰選手が参加!
実際に献血バスを訪問したほか、イベントでは大勢のファンの皆さんを前にトークショーを実施。
両選手は「高校・大学時代に献血に行ったことがあります。今日のイベントが、少しでも多くの方が献血を知るきっかけとなれば嬉しいです。皆さんも献血にご協力ください!」と、献血についての知識を深め、大切さを呼びかけました。

当日の動画はこちら!

【1/16まで】「ライオンズこども基金」チャリティーオークション開催中・選手直筆サイン入りユニフォーム&キャップ

埼玉西武ライオンズでは、明るい社会・未来をつくっていくこどもたちが、安心して夢を持って生活できる環境づくりをファン・選手会・球団が三位一体となりサポートする目的で設立された「ライオンズこども基金」の活動の一環として、「ライオンズ フェスティバルズ 2016 エメラルドユニフォーム」のチャリティーオークションを、1月16日(月)まで開催中です。
今回、試合にて、監督・コーチ・選手が実際に着用したユニフォーム・キャップに直筆サインを入れての出品となります。
こどもたちの未来をサポートするために、趣旨にご賛同いただき、ぜひオークションへご参加ください。

チャリティーオークションご参加はこちら

ライオンズが行う地域活動

野球振興


地域活動レポート一覧へもどる ニュース一覧へもどる