2016/12/27(火)地域活動レポート

野球用具がカンボジアに到着!用具を使用した親善試合も初開催!!

2016年の埼玉西武ライオンズの主催試合にて実施した野球用具寄付プロジェクト。ファンの皆さまから寄付していただいた野球用具が、郵船ロジスティクス株式会社さまのご協力のもと、カンボジア野球協会のあるコンポントム州へ届けられました。

2013年から続けている野球用具寄付プロジェクトですが、今年から「LIONS BASEBALL FOR THE WORLD」という名前を付け、さらなる野球振興を目指す取り組みを行っております。
今年は、皆さまからいただいた用具を寄贈するだけでなく、用具を使う機会を提供するために、大会協賛という形でカンボジア初となる国際親善試合の開催を支援いたしました。また、皆さまから寄付していただいた用具と選手・球団からの用具合計4,534点は、「アジアベースボールマッチ supported by 埼玉西武ライオンズ」に参加した、カンボジア、マレーシア、ベトナムに分配し、より多くの国で野球振興に役立てていただきます。

プロ野球界初となる海外での協賛大会「アジアベースボールマッチ supported by 埼玉西武ライオンズ」の結果は、ナショナルチームのカテゴリーでは、カンボジア対ベトナムで決勝戦を行い、カンボジアが勝利し、優勝。
U-15のカテゴリーではカンボジアのコンポントム州のチームが優勝という結果になりました。

今回の大会を主催した、カンボジア野球協会副会長兼、ナショナルチーム代表監督の西村さまからは、
「ライオンズファンの皆さま、今回のプロジェクトに関係いただいた皆さまのご協力により、たくさんの野球用具が集まり、カンボジア初となる国際親善試合を開催することができました。
昨年の皆さまからの寄付により、カンボジア国内でも日ごろから野球用具を使えるようになり、こどもたちの実力が上がってきており、私たちが想定していた以上に野球のレベルが高い試合を見ることができました。
今回の親善試合だけで終わらせるのではなく、今後も近隣各国のU-15を主体に呼びかけ、アジアでの野球人口の増加を図り、2020年の東京オリンピック以降も野球が公式競技として残れるように活動の幅を広げてゆきたいと存じます。
また、カンボジア主催となる2023年に行われるアジアのスポーツの祭典SEA Games(South East Asia Games)で今回参加したこどもたちが活躍できるように今後も振興に力をいれていきたいです」というお言葉をいただきました。

今回のプロジェクトに寄付していただいたファンの皆さま、ご協力いただいた皆さまには心より御礼申しあげます。今後も野球を通じた交流・支援が行えるように活動に取り組んでまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

到着した様子や大会の模様はフォトギャラリーをご覧ください!
フォトギャラリーはこちら

協力

LIONS BASEBALL FOR THE WORLD 野球用具寄付 出発式9/25に開催!

野球振興

ライオンズが行う地域活動

「ライオンズこども基金」チャリティーオークション受付中

地域活動レポート一覧へもどる ニュース一覧へもどる