ニュース
  • Home >
  • ニュース >
  • 皆さんの想いを乗せた野球用具がカンボジアに到着!
戻る
地域活動レポート 2016年2月4日配信

皆さんの想いを乗せた野球用具がカンボジアに到着!




mixiチェック

昨シーズン、ファンの皆さまから寄付していただいた野球用具が、郵船ロジスティクス株式会社さまのご協力のもと、無事にコンポントム州へ届けられました。

贈呈式当日は、カンボジア野球協会会長、カンボジアナショナルチームの監督とメンバー、地元のこどもたち70名以上が参加。参加者の皆さんの前で約6,400点の野球用具がお披露目され、寄贈されました。

また、カンボジア野球協会副会長兼、ナショナルチーム代表監督の西村様からは、「ライオンズファンの皆さま、今回のプロジェクトに関係いただいた皆さまの御協力により、カンボジア野球協会の本拠地であるコンポントム州にあるバライ村、プレハビヒア州と、今後チームが誕生しようとしているバッタンバン州、バンティアミンチェイ州の小学生、中学生、高校生にむけ、今後必要とされる貴重な野球道具をいただけたことに対し、感謝の言葉すら見つかりません。2016年はカンボジア野球協会(CBAF)にとって飛躍の年となる事でしょう。各小中学校には最低15人から30人ほど、野球をしたくても道具が無く出来ない子供たちがおりましたが、今回のご寄付によりキャッチボールや草野球、週末の野球教室や各地用での野球普及に役立たせていただくことをお約束いたします。今回段ボール箱200箱を超える野球用品を頂戴しても今後の活動にはスポーツ用品店で野球用品が一切販売されていない現状から考えると皆様にさらなるご協力をお願いすることもございますが、日本から遠く離れたカンボジアで母国日本からのご支援は物質的なありがたさはもとより、今後指導に当たる上にもさらなる勇気とエネルギーを頂戴しました。ありきたりではございますが本当にありがとうございました。遠く離れたカンボジアより西武ライオンズのファンの皆様とともに応援させていただきます。」というお言葉をいただきました。

式に参加した郵船ロジスティクスカンボジアの米山 良幸さまからは、「贈呈式が終わるとすぐにこどもたちは用具を手にし、グラウンドに散りキャッチボールを始めました。ボールを追いかける彼らの瞳がとても輝いていたのが印象的でした」と、こどもたちの喜びの表情が伝わってくる報告が届きました!

寄付していただいたファンの皆さまへ感謝状もいただき、現地での歓迎ぶりがうかがえます。今回届けた用具がカンボジア、ひいてはアジアでの野球普及へとつながることを期待しております。

今回のプロジェクトに賛同し、寄付していただいたファンの皆さま、ご協力いただいた皆さまには心より御礼申しあげます。

今後も野球を通じた交流・支援が行えるように活動に取り組んでまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

到着した様子や贈呈式の模様はフォトギャラリーをご覧ください!
フォトギャラリーはこちら

協力

野球振興

ライオンズが行う地域活動

ライオンズ フェスティバルズ 2016

西武ホールディングス
ファンクラブマイページログイン
Majestic
西武・そごう
株式会社ベルーナ スポナビライブ セブン-イレブン イトーヨーカ堂 JCOM 球団公式写真販売サービスサイト「ライオンズ・ファンフォトサイト」 ABCハウジング 西武文理大学 SEIBU PRINCE CLUB 埼玉西武ライオンズオフィシャルフォト 東日本大震災復興支援特設サイト「がんばろう!日本」 POWER OF BASEBALL プライドリームス埼玉 西武ライオンズ 西武グループ こども応援プロジェクト 西武プリンスドーム パ・リーグ6球団公式ライブ配信サービス パ・リーグウォーク ライオンズ公式twitter 採用情報