2017/03/18 チーム

永江が満塁で走者一掃の適時打を放つなど4打点!3/18(土)オープン戦 vs.福岡ソフトバンク 結果

4打点の活躍を見せた永江選手
5回から登板した高橋光投手
栗山選手はきっちり犠牲フライを放った
メヒア選手は好走塁を見せ勝利に貢献

先発・十亀は初回に3点を先制されますが、3回に永江が犠飛を放ち、1点を返します。

続く4回には、連続四球などで満塁の好機をつくり、再び永江が打席へ。鋭い打球が右中間を破り、走者一掃の適時二塁打となって逆転します。

5回に追いつかれたものの、6回に打線が再びつながります。メヒアの好走塁もあってチャンスを形成。ここで栗山と岡田が続けて犠飛を記録し、リードを広げます。

5回から登板した高橋光成は、4イニングスを投げて5奪三振の力投。9回に3番手・増田が反撃を許すも、1点差で逃げ切りました!

永江選手コメント

(3回、ライト犠牲フライ)カットボールです。
ランナーが3塁にいたのでヒットではなくても1点を還そうと思い打ちました。

(4回、右中間3点タイムリーツーベース)まっすぐです。結果はたまたまです。
4打点ですが次の打席も気負わず、その場面に応じたバッティングをしたい。

栗山選手コメント

(6回 センター犠牲フライ)打ったのはカーブです。
ランナーを還したい場面だったので、結果が出てよかったです。

岡田選手コメント

(6回 ライト犠牲フライ)まっすぐです。最低限の仕事ができてよかったです。

辻監督コメント

十亀は立ち上がりは課題だったが、あとは開き直ってそこその球を投げていた。
光成(高橋光)もしかり。2回、3回とまあまあ良いんじゃないか。

3つの失策に付け込んで、当たり前だけど好走塁と見られるような走塁をした。
ランエンドヒットで(相手が)後逸したのを3塁まで進んだのも大きい。
サードに進めるというのは、2死であれ向こうにプレッシャーを与えられる。そういう意味で走塁の面で良いプレーが出た。

永江は、2ボールになって1スイングで仕留めたというところは良いところが出た。

2017年3月18日(土) 福岡ソフトバンク戦 メットライフ (13:00試合開始)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R
  福岡ソフトバンク 3 0 0 0 1 0 0 0 1 5
  埼玉西武 0 0 1 3 0 2 0 0 X 6

ライオンズ バッテリー

十亀、高橋光、増田 – 岡田、藤澤

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる