2017/03/02チーム

3/2(木)「2017球春みやざきベースボールゲームズ」 vs.楽天 結果

先発の菊池投手は2回を無失点に抑える
渡辺直選手は第1打席で安打を放つ

宮崎・SOKKENスタジアムで「球春みやざきベースボールゲームズ」(対 楽天)が開催されました。

先発・菊池は初回を危なげない投球で3者凡退に抑えると、続く2回も、先頭打者にヒットを許しますが後続の打者をしっかり抑え無失点で切り抜けます。

打線は2回、1死2、3塁で源田がライトへヒットを放ち1点を先制すると、続く田代にも適時打が飛び出しこの回3点を挙げました。

3回からは2番手・高橋光が登板。相手打線につかまり5点を献上しますが、4回、5回を無失点で抑えます。3番手・小石は6回に1点を失うも7回を無失点に。するとその裏、1点差までに詰め寄ると熊代のタイムリーヒットで遂に同点に追いつきます。

しかし8回、小石が2点本塁打を喫し勝ち越しを許すと、9回を4番手・野田が無失点で抑え反撃を待ちますが、逆転は叶わず敗戦となりました。

菊池投手コメント

風もあったり、コンディションは良くなかったです。
今日は4球フォークを投げました。
右打者にフォークを投げることが出来たので自信につながりました。
弱いストレートのばらつきがあったのでそこを修正したいです。
岸さんとの対決は今後楽しみにしています。
そこで負けないようにします。

源田選手コメント

まっすぐです。
すごいピッチャーなので必死に食らいつきました。
打てて本当に良かったです。

田代選手コメント

打ったのは、カーブです。
思ったスイングができました。

熊代選手コメント

打ったのは、スライダーです。
食らいついた結果だと思います。

辻監督コメント

雄星については、大丈夫。問題ない。
髙橋光は、前回よりスピード(ストレート)自体そこそこ良かった。
ただ、先発投手としては慎重且つ大胆にいかないといけない。点を取ったあとの回を考えてほしい。

走塁に関しては、打球判断や送球間で次の塁を狙ってほしい。そうしないと点が取れるところで点が取れない。

源田はよくやっている。ずっと試合につかっているからプロのスピードに慣れることが一番大事。
3安打したし、岸からも打ったので自信になればいい。守備は心配していない。

2017年3月2日(木) 楽天戦 SOKKENスタジアム (12:30試合開始)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R
  楽天 0 0 5 0 0 1 0 2 0 8
  埼玉西武 0 3 0 0 0 0 3 0 0 6

スターティングメンバー

埼玉西武

打順 位置 選手名
1 田代
2 渡辺直
3 浅村
4 山川
5 木村文
6 栗山
7 上本
8 炭谷
9 源田
菊池

楽天

打順 位置 選手名
1 茂木
2 藤田
3 松井稼
4 今江
5 島内
6 内田
7 福田
8 細川
9 岡島

ライオンズ バッテリー

菊池、高橋光、小石、野田 – 炭谷、森

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる