2017/02/26(日)チーム

2/26(日)「2017年プロ野球プレシーズンマッチ」 vs.楽天 結果

第2戦の先発を務めた野上投手
先制の先頭打者弾を放った木村文選手
2回を投げて無失点に抑えたガルセス投手

高知・春野で「2017プロ野球プレシーズンマッチ」(対 楽天)が開催され、2日間に渡り行われる今日はその第2戦目が行われました。

プレシーズンマッチ第2戦の先発を任されたのは野上。初回、走者を出しピンチを迎えますが無失点で切り抜けます。
打線は初回、先頭打者の木村文がレフトへ本塁打を放ち先制します。しかし3回、2番手・十亀が3点を奪われ逆転を許してしまいました。それでもその裏、浅村の適時打で1点差に詰め寄ります。
4回に3番手・國場が1点を失うも最少失点で切り抜けました。すると、その裏にメヒアの豪快な本塁打で1点を返すと、1死1、3塁の場面で木村文がレフトへの犠飛を放ち同点に追いつきます。

4番手・ガルセスはテンポのいい投球で6回、7回を無失点に抑える好投をみせました。しかし、5番手・キャンデラリオは8回を無失点で抑えましたが9回に2点を失い再びリードを許してしまいます。試合はそのまま終了し、悔しい敗戦となりました。

野上投手コメント

調子自体は良くもなく悪くもなくでした。
今日は友哉にまかせて投げていました。
フォアボールを気をつけていたが、友哉のサインには首を振ることはなかったです。
変化球の出来はまあまあでしたが、まっすぐはまだ疲労が残っているので、このあと疲労が抜けてどうなるか。
これからもっとコントロールの精度を上げていきたい。

辻監督コメント

木村が良かったのは、一番は打席に立った時の本人の余裕だね。
どうすればいいのか、コツをちょっとわかってきたのかなと感じる。

今日は森のサインで投げたようだけど野上は順調だね。
森もキャッチャーとしてはまだまだでしょうけど、いろいろ経験して成長しないといけないからな。

外国人投手は明暗が分かれたね。
ガルセスはまっすぐ、チェンジアップと良かったんじゃないか。
キャンデラリオは打たせて取る投手だけど、ボールが低めではなく高めに浮いていたね。そこが課題だな。

2017年2月26日(日) 楽天戦 春野 (12:30試合開始)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R
  楽天 0 0 3 1 0 0 0 0 2 6
  埼玉西武 1 0 1 2 0 0 0 0 0 4

スターティングメンバー

埼玉西武

打順 位置 選手名
1 木村文
2 斉藤
3 浅村
4 中村
5
6 メヒア
7 山川
8 愛斗
9 源田
野上

楽天

打順 位置 選手名
1 茂木
2 今江
3 銀次
4 桝田
5 島内
6 聖澤
7 三好
8 細川
9 岡島
古川

ライオンズ バッテリー

野上、十亀、國場、ガルセス、キャンデラリオ – 森、岡田

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる