2017/02/25(土)チーム

2/25(土)「2017年プロ野球プレシーズンマッチ」 vs.楽天 結果

先発のマウンドに上がった本田投手
ルーキーの源田選手が2安打を放ち存在感を見せる
8回、適時3塁打を放った木村選手
最終回を3者凡退におさえた武隈投手

高知・春野で「2017プロ野球プレシーズンマッチ」(対 楽天)が開催され、2日間に渡り行われる今日はその初戦が行われました。

A班今季初の対外試合の先発マウンドを託されたのは本田。初回、2回と走者を出すも、キレのあるストレートを軸に落ち着いた投球で無失点に抑えます。
3回、2番手・高橋光成は1点を失うも、今季から外野手登録となりライトで先発した金子侑の好捕もあり、ピンチを最少失点で切り抜けました。
4回には3番手・佐野がマウンドへ上がり安定した投球を披露。するとその裏、1死からヒットと四球でチャンスを作ると、5番メヒアがライトへ適時打を放ち同点に追いつきます。

しかし、4番手のルーキー平井が、5回を無失点に抑えるも、6回につかまり大量リードを許します。その後、6回、7回と1点ずつ得点を挙げると、8回には木村文の右中間への適時3塁打などで4点を挙げ2点差に迫ります。

9回は武隈が3者凡退に抑える好投を見せ反撃を待つも逆転は叶わず。中盤の大量失点が響き、敗戦となりました。

本田投手コメント

今日は無四球をテーマにしていて、結果も無失点だったので良かったです。
打たれたのは真ん中に入ったまっすぐでそこが課題です。
これからは結果を出していかないといけないので、今日の試合で出た課題の制球力に気を付けていきます。

辻監督コメント

フォアボール10個は、まあルーキーだったし、緊張もしていたんだろう。
フォアボールが絡まないと大量失点にはならないよね。

源田はフォアボールと2安打だったかな。実戦向きなのか開かずにヒット打てた。
最後まで使ったのは守れるから。今日ぐらいやってくれたら十分だよ。

本田は最初の方は球がきてなかった。キャンプ中に一時疲れで調子を落としたけど、
今日2インニング0で抑えたのは自信になったし良かったのでは。
球が速くて三振をとれるピッチャーじゃないから、インコースなどに怖がらず投げていってほしい。

光成はスピードガン(春野球場スコアボード表示)を見るといまいちだった。
実際に見ていると、きている球もあったんじゃないかな。
一番悪い時より徐々に良くなっているのでは。

平井は6失点ですけど、もの凄く緊張したんじゃないのかな。

山川はいいですよ。自信つけてきてやってくれたね。
田代も木村文も斉藤もいいね。これで金子侑があつくなってほしいね。
そうすると外野手争いがもっとおもしろくなるんじゃない。

2017年2月25日(土) 楽天戦 春野 (13:00試合開始)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R
  楽天 0 0 1 0 0 6 2 0 0 9
  埼玉西武 0 0 0 1 0 1 1 4 0 7

スターティングメンバー

埼玉西武

打順 位置 選手名
1 田代
2 金子侑
3 浅村
4 中村
5 メヒア
6 山川
7 栗山
8 炭谷
9 源田
本田

楽天

打順 位置 選手名
1 茂木
2 岡島
3 銀次
4 アマダー
5 島内
6 松井
7 中川
8 西田
9 伊志嶺

ライオンズ バッテリー

本田、高橋光、佐野、平井、田村、野田、武隈 – 炭谷、中田

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる