2017/06/17(土)第2回戦

中日 vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 2 1
  中日ドラゴンズ 0 2 0 1 0 0 0 1 X 4 8 0

14:00試合開始|ナゴヤドーム
第2回戦 1勝1敗0分|晴れ 27℃|観客数:34,168人

vs中日 第2回戦

先発は佐野でしたが、初回にアクシデントがあり降板。ガルセスが緊急登板となります。そのガルセスは2回に2点を先制されると、4回には打球が1塁ベースに当たる不運なタイムリーとなり、1点を追加されます。

一方の打線はドラゴンズ先発・バルデスの前に4回まで無安打に抑えられていましたが、5回に外崎のチーム初ヒットなどでチャンスメーク。続く炭谷の犠飛で1点を返します。

その裏、3番手として登板した平井が好投します。先頭打者に二塁打を許すものの後続を断つと、6回は3者凡退に。2イニングスを投げて無失点とします。

しかし、終盤8回に1点を追加され、その後も反撃できず。ドラゴンズ投手陣の前に2安打に抑えられ、1対4で敗れました。

辻監督コメント

初回の佐野のアクシデントについて、試合中はアイシングをしていたが、その後病院に行った。
調べてみないと、どういう状態かわからないから。検査結果はまだわからない。

打線はわずか2安打。ドラゴンズ先発のバルデスはまっすぐに加えてコントロールが良かった。
フォアボールも少なく、こんなピッチングをされたら我々も苦しい。
今日の敗戦で交流戦1位はなくなったが、我々は143試合終わってどうか、そちらが重要だと考えている。

今日、契約の最終合意を発表した新外国人投手ファイフだが、動画を見たところ剛腕というより打たせてとるタイプかな。
1塁ゴロのベースカバーやゴロのさばきなどはうまいように見えた。起用方法については来日してから実際に見て判断する。