2017/06/15(木)第3回戦

阪神 vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2 6 2
  阪神タイガース 1 0 0 0 0 1 0 0 0 1X 3 13 0

18:00試合開始|甲子園
第3回戦 1勝2敗0分|晴れ 25℃|観客数:35,903人

vs阪神 第3回戦

1勝1敗で迎えたタイガースとのカード3戦目。先発・十亀は初回に1点を先制され、2、3回も走者を出しますが、ここは無失点として打線の援護を待ちます。

すると4回、タイガース先発・メッセンジャーからメヒアが10号2ランホームランを放ち、2対1。節目の自身通算300打点を超える一撃で逆転します。

粘りを見せていた十亀ですが、6回に同点とされこの回途中で降板。続くピンチは武隈が抑えます。その後、7、8回は牧田が投げて無失点。9回はシュリッターが封じて延長戦に入ります。

10回、先頭の炭谷がフォアボールを選び得点圏まで進みますが、得点ならず。するとその裏、続投のシュリッターが失点し2対3でサヨナラ負けとなりました。

辻監督コメント

牧田、シュリッターは2イニングスずつ投げさせたが、2人とも球数が少なかったのでいかせた。

相手ピッチャーのメッセンジャーだが、手が出ないという訳ではなく、5回まで100球を投げさせるなどしたが、あと一本が出なかった。

ただ、下を向く必要はない。負けはしたが、好ゲームと言える。

後を引きずらず、明日頑張る。