1 2 3

戦い続ける人のくつろぐ家

C oncept

家という存在を、オンとオフの切り替えや全てをリセットしてスタートさせる重要な存在と語る栗山選手。良いコンディションで「戦いつづける」ための「こだわり」を家で表現。〈西武ハウス栗山巧の家〉は、栗山選手の通算2000安打達成を記念し、栗山選手のこだわりや思いを形にした限定5棟の企画型住宅です。

C oncept

家という存在を、オンとオフの切り替えや全てをリセットしてスタートさせる重要な存在と語る栗山選手。良いコンディションで「戦いつづける」ための「こだわり」を家で表現。〈西武ハウス栗山巧の家〉は、栗山選手の通算2000安打達成を記念し、栗山選手のこだわりや思いを形にした限定5棟の企画型住宅です。

一日が終わり、明日に備える。
オンからオフへ。オフからオンへ。

一日が終わり、明日に備える。
オンからオフへ。オフからオンへ。

  • 巧の家のこだわり

    ステップダウンリビング

    リビングの中に「ステップダウンリビング」を設け、段差により緩やかに仕切った空間を設けることで、同じリビングの中でも気分が切り替わり、異なるオフの時間を提供します。仕切られた雰囲気から、少し 寵って読書をするなど、いつもより静かなオフを過ごすも良し。芝を連想させる深緑のカーペットはアクティブさを引き出し、寝転んだりゲームをしたり動きのあるオフを過ごすも良し。様々なコミュニケーションを楽しむことができ、家族全員の過ごし方が充実する仕掛けを施しています。

  • 巧の家のこだわり

    玄関

    「オンとオフ」の境界線となる玄関では、気持ちを切り替える為の様々な工夫を施しています。栗山選手からの直筆メッセージや、玄関ドアを開けた時に「行こう!」と戦いに向かう一歩を後押しするスパイクの足形など、日々の生活の中で、栗山選手からのエールやパワーを感じることができる空間に仕上げます。

  • 巧の家のこだわり

    リフレクションルーム

    家族とのコミュニケーションを 大切にしつつも、一人自分と向き合えるリフレクションルームをご用意しました。良いパフォーマンスを続けていく為には、一人で集中する空間も大切であるため、グレー色の床や一部ブルーの壁といったインテリアとしています。栗山選手が好きなカラーのグレーやブルーは、鎮静効果や集中力を高める効果があります。

  • 巧の家のこだわり

    リビング・ダイニング

    「戦い続ける」ためのパワーの源は家族とのコミュニケーション。戦い続ける人 がオフに家族と充実した時間を過ごせるよう、2階にリビング・ダイニングを設計しました。陽当りや風通しが良く、人目につきにくいというメリットに加え、一部勾配天井による開放感を取り入れています。過ごしやすくリラックスできる空間に仕立てることで、家族が自然と集まり会話が絶えない場所を目指しました。

※完成予想CGは設計図を基に作成したもので、形状・色等は実際とは異なります。外観形状の細部・設備機器等は表現しておりません。

西武建設 公式ホームページ

埼玉西武ライオンズ 公式ホームページ