興和グループ
サステナビリティアクション



経済のグローバル化も進む中、環境問題や人権問題への対応と経済成長を同時に達成し、国際社会共通の中長期目標である「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に向け、興和グループは健康的で豊かな暮らしと持続可能な社会づくりに取り組んで参ります。


サナの取組



サナは、創業以来『自然の循環を強力に守る』を企業理念として掲げ、環境問題に幅広く取り組み、人と地球の環境を守る商品を開発してまいりました。これからも環境問題を豊かな経験と実績、確かな技術と製品で『未来の環境を創造する』ことが、私たちの使命であると思っております。


CRS埼玉の取組



CRS埼玉は、自動車リサイクルを通じて役目を終えた”過去”のものから、
”未来”の社会に新たな価値のある”モノ”をつくることを使命とし、
日々の活動そのものがSDGsのゴールに直結しています。
全社員が一丸となり、またグローバルなパートナーシップで、SDGsゴールの達成に向けて、さらにチャレンジを続けていきます。


西武グループ
サステナビリティアクション


西武グループの取組み

西武グループでは、SDGsへの貢献を意識し持続可能な社会の実現に向けた取り組みを「サステナビリティアクション」として推進、特に取り組むべき4領域(安全、環境、社会、会社文化)、12アジェンダ(重要テーマ)を設定し、アジェンダに沿った取り組みを積極的に進めております。


環境教育プログラム
(西武造園株式会社)

⻄武グループにおける「造園・緑地事業専⾨会社」として全国的に事業展開する⻄武造園株式会社は、設計・施⼯・維持・管理・運営までワンストップなサービスを提供するとともに、総合⼒をもって、“⼈”と“みどり”のより豊かなまちづくりを⽬指しています。
また、「富良野自然塾」や「はち育®」など、生態系サービスや生物多様性の必要性、環境問題について利用者に感じていただく環境教育プログラムを実施しております。

富良野自然塾
はち育®

※「はち育」は、西武造園株式会社の登録商標(登録 第5662250号)です。


「ライオンズ フェスティバルズ2021」期間中 特別イベント

西武グループの行う取り組みを体験いただける「環境教育プログラム」を試合日に実施いたします。SDGsを考えるきっかけになりますので、ぜひご参加ください!

地球にやさしいエネルギーへの取り組み
(西武鉄道株式会社)

西武球場前~多摩湖駅間を走る山口線(レオライナー)は2021年4月より、西武グループの太陽光発電施設で生まれた環境価値のついた電力を使用し運行しています。
環境に配慮したレオライナーをご利用いただくことで、野球観戦も何気ないエコアクションに繋がっています。


「ライオンズ フェスティバルズ2021」期間中 特別イベント

ライオンズフェスティバルズ期間中の試合日に、西武球場前駅のホームでは環境に優しい「レオライナー」にご乗車し観戦にいらしたお客さまに向けて選手からのスペシャルメッセージを放送予定です!お聞き逃しなく!

働き方が変わる「リゾートワーケーション」
(株式会社プリンスホテル)

ワーケーションとは、「Work(仕事)」と「Vacation(休暇)」を、組み合わせた造語で、
「リゾート地や地方など、普段とは異なる場所で働きながら休暇取得等を行う仕組み」です。
日常的な仕事に非日常的な休暇の感覚を、埋め込んだ柔軟な働き方は、リモートワークが主流になりつつある今、“新たなワークスタイル”として注目を集めています。
軽井沢をはじめとして箱根・雫石・広島・びわ湖大津などの日本各地で施設やサービス、商品の拡充を図っております。


「ベットタウンからリビングタウンへ」沿線価値向上に向けた所沢開発
(株式会社西武プロパティーズ他西武グループ各社)

2020年9月にⅡ期開業をした「グランエミオ所沢」を中心とした開発によって、所沢駅周辺は暮らす・働く・学ぶ・遊ぶ、といった
生活要素が揃った「リビングタウン」へ変化しています。
西武グループは生活応援企業グループとして、皆さまとともに新たな「所沢」をつくっていきます。