2017/04/21(金)第4回戦

埼玉西武 vs 北海道日本ハム

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  北海道日本ハムファイターズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2
  埼玉西武ライオンズ 2 0 2 2 0 1 0 2 X 9 11 2

18:00試合開始|メットライフ
第4回戦 3勝1敗0分|曇り 18.9℃|観客数:14,326人

vs北海道日本ハム 第4回戦

笑顔を見せる投打のヒーロー
2本塁打を含む猛打賞の活躍を見せた秋山
1安打完封勝利を挙げた菊池

初回、先頭の秋山が先頭打者ホームランを放ち1点を先制。その後も好機をつくると、中村の犠飛で1点を追加し、ファイターズ先発・上沢からいきなり2点を奪います。

初回を無失点に抑えていた先発・菊池は、2回、3回と続けて3者凡退とし、危なげない投球。するとその裏、中村に5号2ランホームラン。4回には源田の適時三塁打と浅村の適時打で6対0とし、試合の主導権を握ります。

試合後半、6回に秋山がこの日2本目となる2号ソロホームランを記録。菊池投手は2回以降安打を1本も許さず、7回の時点で10三振を奪います。

8回にも浅村の適時打などで2点を追加し、ここまで131球を投げている菊池が9回のマウンドへ。最後は気力を振り絞って3人で締め、自身2013年以来の完封勝利!9対0で完勝しました!

今日のヒーローは、秋山選手と菊池投手です!

-連日の3安打猛打賞、今日は2本のホームラン!秋山選手です!
今日も3本出ました。まずは先頭打者ホームラン、レフトへのホームランでした。

(秋山)打った感触は悪くなかったんですけど、まさか入るとは思わなかったので、先頭として塁に出ることだけを考えて、いい仕事ができたなと思います。

-打線を見ますと、あれで一気に火がついたと思います。

(秋山)そのあと、すぐに源田が塁に出て足でチャンスをつくって続いてくれたので、あとはクリーンアップの人たちがかえしてくれる打線になっているので。源田もいい仕事をしてくれたんじゃないかと思います。

-2本目、あれもすごいホームランでしたね。

(秋山)あまり自分としては続いてほしくないバッティングなので、最後の打席、しっかり低いライナーを打てたのが自分としてはよかったと思っています。あれはあれで追加点になったのでよかったと思います。

-先日3安打出て、今日も3安打。今年はWBCがあってそのあと開幕し、ここまで数字だけ見るとらしくないと思っていましたが、ご自身の感覚としてはどうでしたか?

(秋山)その前のカードだったり、1番として塁に出られなかった試合が何試合もあったので、もう一回気持ちを入れ直して昨日今日と、少しは仕事ができたんじゃないかと思うので、これを続けていけるようにがんばります。

-手応えという意味ではまだ4月ですが、だいぶ上がってきたなという感じですか?

(秋山)直近であまりいい打席をできていなかったところもあり、油断しているとすぐに悪くなると思っているので、これが続くように一生懸命練習してがんばりたいと思っています。

-今日は打線もつながって、センターで守っていて完封の菊池先輩はどんな投球に見えましたか?

(秋山)菊池は後輩なんですけど(笑) 本人はどう思っているかわからないですけど、最後までゼロでいってくれたので本当に頼もしかったです。

-いよいよ来週から6連戦も始まりますが、ファンの皆さんに向けて一言お願いします。

(秋山)今までは週5で試合という形だったので、ファンの方の声援に助けられる6連戦になると思います。ぼくたちも一生懸命がんばりますし、ファンの方にもたくさん応援いただけるように、ラジオを持って球場に来てください!

-続いて、4年ぶりの完封勝利を挙げました!1安打完封、144球、菊池投手です!
4年ぶりの完封となりましたが、完封の味というのはいかがですか?

(菊池)めっちゃ気持ちいいです!

-今日は先頭バッターの西川選手に打たれてからは、まったく打たれなかったですよ。

(菊池)早い段階で点を取ってもらったので、楽に投げられました。

-ファイターズ打線には故障者もいますが、どんな意識でマウンドに上がりましたか?

(菊池)そろそろ勝ちが欲しかったので、どんな形でも白星をつかみ取ろうという思いで投げました。

-この2試合は非常にいい内容には見えましたが、勝ちがつかないことはどんな気持ちでした?

(菊池)やっぱり先発に勝ちがつく展開が一番理想だと思うので、そういう試合を多くしたいと思っていました。

-7回、8回、だいぶ球数も要していたのですが、終盤戦に向けては首脳陣から今日いけるが打診があったのか、自分で行きますといったのか、どちらでしたか?

(菊池)「どうする?」と言われたので、いくしかないな、と。

-その結果、見事に完封。140球を超える投球だったのですが、9回にも150キロを連発していました。

(菊池)「点を取られたら代わる」と言われていたので、取られるまで全力で投げようと思いました。

-今日は援護点もいっぱいありましたね。

(菊池)心強い打線が援護してくれるので、自分たちはとにかくゼロに抑えることだけ考えて投げています。

-来週からは6連戦がスタート。いよいよゴールデンウィークというところにも入っていきます。次の登板に向けて抱負をお願いします。

(菊池)チームも本当にいい状態できていると思うので、このままの調子でがんばります!

ヒーローインタビュー動画

辻監督コメント

(今日の試合について)
(菊池)雄星はナイスピッチングでした。先頭バッターで秋山がホームラン。そのあと犠牲フライで1点をしっかり取って、その次の中村の2ランがね。序盤に点を取ってやればエースは乗っていけるので、優位に進められたのがよかったと思います。

(2試合連続3安打と好調の秋山について)
いいんじゃないかと思います。

(2試合連続ホームランの中村について)
序盤はそんなに調子よくなかったと思いますよ、本人としては。徐々に上がってきて、昨日の練習もホームランを量産する雰囲気が出るくらいの素晴らしいバッティングをしていましたし、案の定打ちましたね。
浅村も含め、中村もメヒアもいますから、1番の秋山の調子が上がってくると得点になりやすい。そういう形ですね。

(浅村の活躍について)
ここっていうところで粘り強いバッティングをしてくれるので。振るだけでなくてチームバッティングをしてくれますし、頼もしいですね。

(打線の粘り強さについて)
エースが投げて、みんな雰囲気として「いける」となると、どうしても雑になるところがあるんですが、1点1点を取るために、というところで積極的にいってくれた中でいい形で追加点が取れた。こういう試合を続けていければいいかなと思います。

(菊池は8回を終わって130球を超えていたが)
7回くらいに考えたのですが、ピッチングコーチと話をして。本人も9回もいくと、最後気迫がこもってました。腕も振れてましたし。気持ちが出ていたのでよかったと思います。

(二桁三振を奪ったことについて)
腕の振りがよかったんでしょうね。スライダーやチェンジアップも非常によかった。もう少し球数を減らしてくれれば、力を抜くところは抜いて、というところも徐々に必要になってくると思うんですよね。次の登板までの間隔が短くなってくれば、球数のことなどいろいろありますから。今日は見事でした。

明日は野上が投げますから、前回もいいピッチングをしながら勝たせてあげることができなかったので、野手陣が踏ん張って勝たせてあげたいと思います。

試合ダイジェスト