2016/09/06(火)第21回戦

楽天イーグルス vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 0 2 0 0 1 0 1 0 0 4 10 0
  東北楽天ゴールデンイーグルス 0 0 0 2 1 0 4 0 X 7 10 2

18:00試合開始|Koboスタ宮城
第21回戦 8勝12敗1分|晴れ 29℃|観客数:16,951人

vs楽天 第21回戦

先発予定だった岸が体調不良のため、高橋光成が急きょ先発マウンドへ。試合はリードするたびに追いつかれる展開となり、同点のまま試合後半へ入ります。7回に坂田が勝ち越し打を放ち今日3度目のリードを奪いますが、その裏に逆転を許し、敗戦となりました。

【坂田が久しぶりの出場で活躍】
6月25日以来となる一軍出場となった坂田が、5番で先発出場。ベンチの期待に応えるべく、第1打席、しかも初球で結果を出しました。相手先発・菊池の変化球を引きつけてすくい上げた打球は、相手の外野手があきらめて見上げる中、右中間スタンド中段に突き刺さる先制の3号ソロ本塁打になりました。「感触がよく、打った瞬間いくと思いました。久しぶりの打席なので、積極的にいった甲斐がありました」と、会心の一撃を振り返っています。

坂田の活躍はこれにとどまりません。3対3に追いつかれて迎えた7回には、2死1,3塁と勝ち越したい場面で、相手投手・福山から中前適時打を放ち、一時勝ち越しとなる2打点目を挙げました。

明日は多和田が先発マウンドへ。8月に続いて9月も好投を続けるべく、勢いに乗る一勝を挙げたいところです。

田邊監督コメント

(高橋)光成は、急きょの登板ではあったが、ゲームはつくってくれた。

打線は、チャンスで打てなかった。
その中で、ファームで好調を維持していた坂田が結果を出してくれた。

岸は、急な発熱だったが、熱が下がれば大丈夫だろう。

試合ダイジェスト