ヘッダー

1957年 ライオンズ(4勝)- ジャイアンツ(0勝) ※1分

ライオンズ表彰選手

MVP:大下弘
首位打者賞:大下弘
最優秀投手賞:稲尾和久
技能賞:和田博実
優秀選手賞:豊田泰光

稲尾の粘投で熱戦を制し、先勝!

第1戦 10月26日 平和台球場

team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ジャイアンツ 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2
ライオンズ 0 0 0 1 0 1 1 0 X 3

投手

【G】義原-藤田-●大友-木戸-別所
【L】○稲尾

本塁打

【G】
【L】豊田1号

第1戦。稲尾、義原の両先発で開幕した。初回、ピンチでジャイアンツの川上に安打され先制点を許す。しかし、4回1死から中西・大下・関口のクリーンアップ3連打で同点とした。さらに6回、豊田が勝ち越しホームランを放つ。

7回、一度は同点に追いつかれるも、その裏和田の犠飛で再びライオンズが勝ち越した。稲尾は終始苦しいピッチングだったが、見事に粘り切っての完投。

息詰まる投手戦。最終回の攻防を見事に制して2連勝!

第2戦 10月27日 平和台球場

team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ジャイアンツ 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
ライオンズ 0 0 0 0 0 0 0 0 2X 2

投手

【G】堀内-●藤田
【L】○河村

本塁打

【G】宮本1号
【L】

先勝して迎えた第2戦。ライオンズの先発は河村、一方のジャイアンツは堀内。両先発が息詰まる投手戦を繰り広げた。

先に点を入れたのはジャイアンツ。9回、宮本のソロホームランで均衡を破る。土壇場でリードを奪ったジャイアンツはエース藤田をリリーフに送ったが、その藤田を見事に打ち崩した。

代打・玉造が絶妙のバントヒットで出塁、続く豊田の際にエラーがあり無死2、3塁。一死後、大下の犠飛で同点。関口敬遠のあと、河野のライト前で豊田が生還した。ライオンズがサヨナラ勝ちで2連勝。

終盤戦、見事な逆転劇で3連勝!V2に王手!

第3戦 10月30日 後楽園球場

team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ライオンズ 0 0 0 0 0 2 2 1 0 5
ジャイアンツ 2 0 0 0 0 0 0 2 0 4

投手

【L】○稲尾
【G】●義原-堀内-藤田

本塁打

【L】大下1号、関口1号
【G】与那嶺1号、宮本2号

後楽園に舞台を移しての第3戦。ライオンズの先発・稲尾は、初回、与那嶺の先頭打者ホームランなどで2点を先制された。一方、打撃陣はジャイアンツの先発・義原を攻めあぐねていた。

6回、打撃陣がようやく義原をとらえた。中西のヒットに続き、大下が同点2ランを放った。続く7回には豊田のスリーベースで勝ち越し。8回、関口がとどめのホームランを放った。

第1戦に続いて稲尾が1点差で粘投。王手をかける3連勝。

両チームの投手陣が一歩も譲らず、延長10回引き分け

第4戦 10月31日 後楽園球場

team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 9 R
ライオンズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ジャイアンツ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

投手

【L】河村-島原
【G】木戸-堀内

本塁打

【L】
【G】

第4戦。ライオンズ、ジャイアンツともに投手陣が踏ん張った。ともに得点のチャンスはあったが、ここ一番でヒットが出ず、両チーム無得点で延長10回引分けに終わった。4連勝で一気に決めたいと意気込んだライオンズであったが、V2は次戦に持ち越された。

接戦を制し、ジャイアンツを相手に2年連続の日本一を達成!

第5戦 11月1日 後楽園球場

team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ライオンズ 1 0 0 0 1 4 0 0 0 6
ジャイアンツ 0 0 1 0 2 0 0 2 0 5

投手

【L】若生-西原-河村-○島原
【G】別所-藤田-●木戸-義原

本塁打

【L】和田1・2号
【G】十時1号、川上1号

3勝1分で迎えた第5戦。初回、関口のタイムリーでライオンズが先取点をあげる。しかし、3回、十時のソロホームランで同点とされる。5回には和田が勝ち越しのホームランを放つも、直後の5回、2点を奪われ再逆転される。

6回、満塁のチャンスから1点を加え同点。2人の走者を残した状況で、和田の打球は右翼フェンスを直撃、ジャイアンツ守備陣がもたつく間に打者の和田まで生還した。日本シリーズ史上初のランニングホームランによって3点差をつけた。

8回、ジャイアンツに2点を加点され追い上げられるも、9回は島原が踏ん張り、ライオンズが引き分けを挟む4連勝でジャイアンツを圧倒し、2年連続日本一を決めた。