ヘッダー

1956年 ライオンズ(4勝)- ジャイアンツ(2勝)

ライオンズ表彰選手

MVP:豊田泰光
首位打者賞:豊田泰光
最優秀投手賞:稲尾和久
技能賞:関口清治
敢闘賞:稲尾和久

序盤に投壊、初戦を落とす

第1戦 10月10日 後楽園球場

team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ライオンズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ジャイアンツ 2 2 0 0 0 0 0 0 X 4

投手

【L】●川崎-西村-島原-稲尾
【G】○大友

本塁打

【L】
【G】

1回、ライオンズの先発・川崎は不安定な立ち上がりをジャイアンツに攻められ2点を先制される。この回で川崎はノックアウト。2回、ライオンズはリリーフの西村を登板させるも2点を加点され、ジャイアンツに主導権を握られた。

ライオンズの打撃陣はジャイアンツの先発大友の前に8奪三振と圧倒され、0-4で初戦を落とした。

打撃戦を制して、1勝1敗のタイへ

第2戦 10月11日 後楽園球場

team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ライオンズ 0 0 0 3 0 2 0 1 0 6
ジャイアンツ 1 0 0 0 1 1 0 0 0 3

投手

【L】稲尾-○島原
【G】堀内-●別所-安原-中尾

本塁打

【L】関口1号、中西1号
【G】川上1号、別所1号

第2戦、ライオンズの先発はルーキーの稲尾。この年、稲尾は61試合に登板し、最優秀防御率と新人王を獲得していた。ジャイアンツ先発・別所との投手戦が予想されたが、意外な結末となった。

1回、稲尾は立ち上がりを攻められ1点を失ったが、4回、関口が別所からレフトへの3ランホームランを放ち逆転。さらに、6回、中西・豊田・大下の中軸の連打で突き放した。

8回には中西のソロホームランでダメ押し。ライオンズが1勝1敗のタイとした。

終盤での大逆転、勢いづく2連勝!

第3戦 10月13日 平和台球場

team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ジャイアンツ 0 4 0 0 0 0 0 0 0 4
ライオンズ 0 0 0 0 0 1 0 4 X 5

投手

【G】堀内-●別所-大友
【L】西村-河村-○稲尾

本塁打

【G】広岡1号
【L】豊田1号

平和台での第3戦。ライオンズの先発は西村、対するジャイアンツは堀内。2回、ジャイアンツに広岡の3ランホームランを含む4点を奪われ、西村はノックアウト。

ライオンズは6回、中西の犠飛で1点を返し、8回には、豊田の2ランホームラン、大下、稲尾のヒットで4点を奪って5-4と試合をひっくり返し、6回から登板の別所を引き下ろした。逆転勝利でライオンズが2勝1敗と一歩リードした。

完封リレーで3連勝。日本一に王手!

第4戦 10月14日 平和台球場

team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ジャイアンツ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ライオンズ 0 0 0 0 2 0 0 2 X 4

投手

本塁打

投手
  • 【G】●大友-中尾
  • 【L】島原-○稲尾
本塁打
  • 【G】
  • 【L】中西2号

第4戦、ライオンズの先発は島原。一方、ジャイアンツは初戦で勝利を挙げた大友。

両投手による投手戦が続いたが、5回に試合が動いた。下位打線の連打で2点を奪って先発・大友をノックアウト。4回からリリーフした稲尾がジャイアンツの打線を抑え続け、8回には中西が2ランホームランでダメ押し。

3連勝(3勝1敗)で日本一へ王手をかけた。

一度は追い付くも終盤戦に突き放され、2敗目を喫す

第5戦 10月15日 平和台球場

team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ジャイアンツ 0 0 0 0 5 0 0 5 2 12
ライオンズ 0 1 1 0 0 3 2 0 0 7

投手

本塁打

投手
  • 【G】堀内-別所-大友-中尾-○義原
  • 【L】河村-稲尾-島原-●西村-川崎
本塁打
  • 【G】
  • 【L】関口2・3号

王手をかけて迎えた第5戦、ライオンズ河村、ジャイアンツ堀内の両投手が先発した。ライオンズは序盤で2点を奪ったが、5回にジャイアンツ打線の猛襲を食らい、2点を奪われた河村はノックアウト。

リリーフした稲尾も勢いに乗ったジャイアンツ打線を抑えることができずさらに3点を加点された。ジャイアンツに流れが傾くかと思われたが、6回、関口のこの試合2本目となるホームランなどで同点に追いつき、7回には中軸の連打で2点を奪って7-5と一気に逆転。

このまま日本一かと思った矢先、8回、9回で計7点を奪われ再逆転された。戦績はライオンズの3勝2敗となり、戦場は後楽園へと場所を移した。

序盤で大勢決する。稲尾の快投で見事に初の日本一を達成!

第7戦 10月17日 後楽園球場

team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ライオンズ 4 0 1 0 0 0 0 0 0 5
ジャイアンツ 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1

投手

本塁打

投手
  • 【L】○稲尾
  • 【G】●別所-堀内-義原-大友
本塁打
  • 【L】関口4号
  • 【G】岩本1号

第6戦。稲尾、別所の両先発で試合は始まった。先制したのはライオンズ。1回、立ち上がり不安定の別所を攻め、4点を奪った。別所は1回持たずにノックアウト。

加点したのもライオンズ。3回、関口のソロホームランで5-0と完全に主導権を握った。投げては稲尾が岩本のソロホームランによる1失点のみの好投を繰り広げた。

稲尾はジャイアンツ打線を沈黙させ、見事に完投勝利。4勝2敗でライオンズが初めて日本一の栄冠を手にした。西鉄ライオンズ黄金時代の幕開けとなる初の日本一であった。

<{ if ($SMPFLG) }> iPhone版へ
<{ /if }> ファンクラブマイページログイン
Majestic
西武・そごう
株式会社ベルーナ スポナビライブ セブン-イレブン イトーヨーカ堂 球団公式写真販売サービスサイト「ライオンズ・ファンフォトサイト」 西武文理大学 埼玉西武ライオンズオフィシャルフォト パワフェス2016参加者募集中 侍ジャパン強化試合 東日本大震災復興支援特設サイト「がんばろう!日本」 POWER OF BASEBALL プライドリームス埼玉 西武ライオンズ 西武グループ こども応援プロジェクト 西武プリンスドーム パ・リーグ6球団公式ライブ配信サービス パ・リーグウォーク ライオンズ公式twitter 採用情報