SCROLL DOWN
  • Lions 40th ANNIVERSARY
  • 共に強く。共に熱く。チームとスタッフが一体となり、野球エンターテインメントを通じて
    ファンと共に熱狂を共創し、新たな感動の創造に挑戦します。

  • 共に強く。共に熱く。チームとスタッフが一体となり、野球エンターテインメントを通じて
    ファンと共に熱狂を共創し、新たな感動の創造に挑戦します。

01.Lions40th

西武ライオンズ40年のあゆみ

2018年西武ライオンズは埼玉・所沢の地に誕生して40周年、チームとして40シーズン目を迎えます。
この記念すべき節目のシーズンより、メットライフドームエリアの改修計画・周年イベントを実施します。

  • 1979 - 1988

  • 1989 - 1998

  • 1999 - 2008

  • 2009 - 2017

02.DOME

メットライフドームエリアの改修計画

自然豊かな周辺環境と半ドームという特性を活かし、屋根の外側の広がりを有効に活用することで、開放感に満ち溢れ、四季折々の風情が楽しめるボールパークを目指します。
選手の育成環境についても施設を刷新し、育成に定評のあるライオンズの姿を追求できる環境となります。

  • 改修計画 全体イメージ

    • ・自然共生型の開放感に満ち溢れたドームへ
    • ・あらゆる世代のお客さまが楽しめる「新しい価値」の提供
    • ・育成に定評のあるライオンズを追求できる環境整備
  • バックネット裏、BOXシートの大規模改修

    • ・12球団最大級、約430名収容のネット裏VIPラウンジ新設
    • ・ラウンジの最前列には、砂かぶり席を約150席設置
  • 外周エリアの拡張・改修 / 獅子ビルリノベーション

    • (3塁側)
    • ・コンコースと獅子ビルの間にデッキを設置し、開放的な空間を創出
    • ・獅子ビル内には、屋内キッズパークとフードエリアを常設
  • 外周エリアの拡張・改修

    • (1塁側)
    • ・12球団最大級の飲食店やグッズ売店のスタジアムインフラの増強
    • ・1塁側には、多目的なイベントスペースを設置
  • こども広場の設置 / オフィス棟の新設

    • ・3塁側に約1,000平米の屋外こども広場を設置
    • ・ビジネス部門の拠点として、3階層のオフィス棟を新設
  • ドーム前広場の刷新

    • ・ドーム正面に新たな施設の顔として入場ゲートを設置
    • ・ドーム1塁側には2階層、約490平米の大型グッズショップを新設
  • 西武第二球場スタンド、サブグラウンド、ブルペン新設

    • ・快適に観戦できるスタンド、観客席をバックネット裏に設置
    • ・サブグラウンド、ブルペンなどを増設し、練習環境を拡大整備
  • 室内練習場、若獅子寮の新設

    • ・50m×50mの室内練習場、ブルペン、バッティングレーンを新設
    • ・4階層の若獅子寮を併設、トレーニングルームなど完備

※完成予想図

自然豊かな周辺環境と半ドームという特性を活かし、屋根の外側の広がりを有効に活用することで、開放感に満ち溢れ、四季折々の風情が楽しめるボールパークを目指します。
選手の育成環境についても施設を刷新し、育成に定評のあるライオンズの姿を追求できる環境となります。

03.EVENT

40周年記念イベント

EMBLEM

40周年エンブレム

2018年シーズンのホーム/ビジターのユニフォームに
40周年エンブレムをデザインし試合に挑みます。

  • CONCEPT

    • ・レジェンドブルーを基調に、由緒あるライオンズブルーと情熱の赤をアクセントに使用
    • ・ダイヤモンドをモチーフに、立体感のある40thロゴを併せた躍動感のあるデザイン

LIONS CLASSIC

ライオンズ・クラシック2018

2004年、2008年と2度の日本一に輝いたユニフォームが
4年ぶりのライオンズ・クラシックで復活します。
2004年、伊東勤監督のもと松坂大輔投手、
和田一浩選手などを擁し日本一に輝きました。
また、2008年には渡辺久信監督
(現シニアディレクター兼編成部長)のもと、
今も活躍を続ける栗山巧選手、
中村剛也選手を中心に日本一の座を射止めました。

球団史上初の
東京ドーム開催4.17
ライオンズ・クラシック復活

  • 4.17
    東京ドーム
  • 6.29
    30
    7.1
    メットライフドーム

MUSIC

40周年記念 球団歌新バージョン

長年愛され続けている球団歌
『地平を駈ける獅子を見た』を
松崎しげるさんで新たにレコーディングし
40年ぶりのリニューアル。
さらにファンの皆さまも歌いやすいメロディへ
アレンジしたFan-MIXも新たに制作。
2018年シーズンはライオンズ勝利時に
Fan-MIXを流します。
このFan-MIXで球場と一体となって
勝利の歌を歌いましょう。

地平を駈ける獅子を見た
(40thバージョン)

詳細情報詳細情報

地平を駈ける獅子を見た
(Fan-MIX)

詳細情報詳細情報

04.VISION

今後のビジョン

ライオンズにかかわる全ての人たちが、
継続した期待感と愛着・親しみをもっていただくため、
4つのテーマをもとに活動していきます。

  • 01チーム/育成の強化

    強さこそ最大のファンサービス、
    魅力ある選手こそ最大のコンテンツ

    • ・球場、練習施設改修による環境整備
    • ・新設したIT戦略室においてのデータ採取、分析
    • ・データによる定量化をもとにしたチーム/育成の強化方針の推進
  • 02ボールパーク化と施設活用

    自然共生型ボールパークの進化と
    施設利活用

    • ・自然環境と半ドームの特性を生かし広がりのあるエリアを創出
    • ・多様化するニーズに応える観客席、屋内施設の充実
    • ・バリューアップする各エリアごとのパートナーシップ活動
    • ・最新設備を活用した野球以外の興行・イベントの誘致
  • 03沿線/地域/グループ振興の強化

    沿線/地域に根差したファン拡大
    西武グループ各社との連携強化で
    日常生活にライオンズを

    • ・フレンドリーシティ制度の充実・拡大
    • ・公式戦地方開催を核とした広域マーケティング活動
    • ・西武鉄道沿線、商業施設などのライオンズブランド露出強化
  • 04野球/スポーツ振興の強化

    野球・スポーツを通じた
    ライオンズの地域振興活動

    • ・自由に野球、スポーツができる環境整備への支援
    • ・自治体、学校などと協力したスポーツをおこなうきっかけの提供
    • ・他スポーツ団体との連携・活動推進
共に強く。共に熱く。

チームとスタッフが一体となり、野球エンターテインメントを通じて
ファンと共に熱狂を共創し、新たな感動の創造に挑戦します。